イビサクリームの効果的な使い方とは?

イビサクリームの効果的な使い方

イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみが気になる方に人気の美白クリームになります。そんな評判のイビサクリームですが、効果的な使い方があると口コミで評判になっているようです。その効果的な使い方を調査した内容になっています。

最も効果的?公式サイト公認のおすすめの使い方

イビサクリームの効果的な使い方

イビサクリームの効果的な使い方

    • 朝晩の1日2回塗布(シャワーやお風呂後)
    • くるくると円を描くように塗って肌に浸透させる
    • 上記を守って3ヶ月継続

 

イビサクリームの口コミから判明したより効果的な使い方

イビサクリームで黒ずみが薄くなったという方は何かしらの効果的な使用方法を見つけている傾向にあります。

  • 浸透を高めるために手のひらで温めてから塗る
  • デリケートゾーンの中でも特に気になる部位には2度塗りする
  • いつも持ち歩きトイレなどでこまめに塗布する
  • 黒ずみ箇所よりも少し大きめの範囲を塗る

など工夫をしてイビサクリームをより効果的な使い方を見つけている方が目立ちました。

 

イビサクリームの口コミから判明!間違った逆効果の使い方

先程は効果的な使い方を見つけて黒ずみを克服した方を紹介しましたが、逆に間違えた使い方をして逆効果になってしまった方もいましたのでそのような落とし穴に落ちないためにもいくつか紹介します。

  • 即効性を求めて毎回2倍の量付ける自己流の使い方
  • ケチって塗る量を少しにした効果のない使い方
  • ゴシゴシ塗り込みすぎて逆に黒ずみが酷くなる使い方

【関連記事】

駄目だこりゃイビサクリームは効果ない口コミで分かった

イビサクリーム効果ない・効かない悪い口コミ全まとめ

そもそも使い方が問題ではなく生活習慣の違い?

口コミを読んでいると同じような使い方をしているのに、効果を実感している方と全く効果を感じていない方がいるという事です。

実は、イビサクリームの使い方で効果が決まるのではなく生活習慣が肌のターンオーバーに影響することが多々あります。

※ターンオーバーとは肌の生まれ変わる期間の事です。菓子パン、コンビニ弁当などは体が必要とする栄養がありません。

そのような粗悪の物だけを食べていると体の機能が衰え肌のターンオーバー周期も遅れてしまう傾向にあります。

一般には28日間で肌が生まれ変わり黒ずみの原因であるメラニンは皮膚の垢として排出されるものです。

食生活だけでなく睡眠時間もとても重要だとされています。

 

イビサクリームの使い方まとめ

イビサクリームの正しい使い方は公式サイトに記載されているのですが、より効果的な使い方を発見してより効果を高めている方がいました。

愛用者が工夫して効果を高めている使い方

  • 浸透力を高めるため、手のひらで温めてから塗り込む
  • 黒ずみの部位よりも広く塗る
  • 生活習慣を見直し栄養のある食事を心がける
  • 睡眠時間を十分にとる
  • 1日2回シャワー後の浸透効果が高まるタイミングで使う

 

イビサクリームの効果が得られにくい使い方

  • 規定量を守らずケチる使い方はNG
  • 規定回数が足りない1日1回という使い方
  • ゴシゴシ擦って塗る使い方
 

【関連記事】イビサクリーム効果ない効かない悪い口コミ全まとめから浮彫になった事実とは